Java Eclipse4.8(Photon)に対応した日本語版(Pleiades)をインストールする




Javaの統合開発環境であるEclipseの最新版4.8(Photon)が、ついにリリースされました。
本家開発元のEclipse Foundationでは、2018年6月27日にリリース。
続いて、Eclipse 4.8対応の日本語化プラグインを含めたパッケージであるPleiadesもリリースされました。

早速、Pleiades(Eclipse 4.8)をインストールをします。
インストールは簡単2ステップ。ダウンロードして解凍するだけです♪

これからJavaをはじめたい人は、とくにおすすめ。とりあえずこれを入れておきましょう♪
この手順でインストールすれば、Java(JDK)も一緒に入るので、すぐにJavaの勉強を開始することができます。

この手順でインストールするためには、最低約3.8GBの空き容量が必要です。
圧縮ファイル:約1.4GB、解凍後:約2.4GB

Pleiades(Eclipse)をダウンロードする

(1) ここをクリックして、http://mergedoc.osdn.jp/にアクセスします。

(2) 次の画面が出てきますので、赤矢印が指しているところをクリックして、ダウンロード画面に移動します。

(3) 次の画面が出てきますので、お使いの環境に合うパッケージを選択します。


ダウンロードに時間を要しますが、何やらわからない人は、とにかくFull Editionを選びましょう。
JDKやらTomcatやらが入ってくるので安心です。

  • Windows(32bit)をお使いの方 ・・・ 1つ目(一番上)の赤矢印が指しているところをクリック
  • Windows(64bit)をお使いの方 ・・・ 2つ目(真ん中)の赤矢印が指しているところをクリック
  • Macをお使いの方 ・・・ 3つ目(一番下)の赤矢印が指しているところをクリック

Pleiades(Eclipse)をインストール(解凍)する

(1) インストールするフォルダを用意します。
「C:\tool\」等、好きなフォルダを作ってください。

Windows系の場合、深いフォルダや長い名前のフォルダを使わないようにしてください。
インストール先のフォルダはドライブ名を含めた完全パス(C:\hogehoge)を、20文字程度に抑えることが推奨されています。
また、完全パスに日本語は含めないようにしましょう。

(2) ダウンロードしたパッケージファイル(pleiades-4.8.0-xxxxxx.zip)をインストール先に移動(コピー)します。

(3) ダウンロードしたパッケージファイル(pleiades-4.8.0-xxxxxx.zip)を解凍します。
解凍が完了すると、インストール先フォルダに、「pleiades」フォルダができます。

以上で、インストールは完了です。

Pleiades(Eclipse)を起動する

(1) インストール先フォルダ(先ほど作ったフォルダ)の下に作成されている「pleiades\eclipse」フォルダに移動します。
(2) 「Pleiades\eclipse」フォルダ内にある「eclipse.exe」をクリックして、Pleiades(Eclipse)を起動します。
(3) 次の画面が出てきたらほぼ安心ですw

初回起動時は、とくに時間がかかります。慌てず2~3分ほどコーヒーでも飲みながら待ちましょう。
(普段も遅いですが・・)

(4) 次の画面が出てきたらワークスペースを選択します。

良く分からない人は、とりあえず「起動」ボタンを押してください。

(5) 次の画面が表示され、Pleiades(Eclipse)が起動されます。(おしまい)

以上で、Pleiadesが起動されました。
Javaをお楽しみください♪

お好みで、「eclipse.exe」のショートカットをデスクトップに貼り付けたりすると、さらに幸せになれるかもしれません。

Pleiadesには、いつもいつも感謝です。
英語でもなんとなくで使えるわけですが、日本人なのでやはり日本語だと嬉しいものです。

余談ですが、Pleiadesは、Eclipseのプラグイン(正確にはちょい違う)なので、本当はEclipseと呼ぶべきかもしれません。
・・・ですが、なんとなくいつもPleiadesと呼んでます。。