Java日時操作 – 現在日時を取得して、何時間後を取得する




現在日時を取得したり、何時間後、何日後を計算したり、期限まであと何日とか・・
時間の計算をしたい場合があります。

Javaでは、CalendarクラスやDateクラスを使うことで、日時の取得や計算を簡単に行うことができます。

Calendarクラスを利用して現在日時と8時間後を求めるサンプル

Calendarクラスで、現在の年月日、時刻の各要素を取得します。
また、取得した現在日時をもとに、時間の足し算を行います。

実行結果

サンプルの解説

Calendar#get(int)により、各要素を取得することができます。
取得できる要素は、サンプル以外にもいろいろありますが、間違えそうなものが結構あります(;´Д`)
とくに、月は”0″始まりであること、時刻(時)は、12時間表記と24時間表記の2種類があるので要注意です。

Calendar#add(int,int)では、今保持しているCalendarインスタンスに対して、要素を指定して加減算ができます。
加算は、そのまま正の数。減算は、負の数を指定します。

ちなみに、ふつうに使っている限り、あまり気にする必要はないですが、カレンダークラスは抽象クラスです。
実際はCalnedarクラス継承下のGregorianCalendarクラスを利用しているため、Calender#getInstance()で取得されるのは、GregorianCalendarになります。