Java ディレクトリ(フォルダ)を作成する




アプリケーションがデータを保存する際に、常に同じディレクトリを利用すると、ファイル数が増えて徐々に性能が劣化していきます(; ・`д・´)
これを防ぐには、年月等のディレクトリを作って、少しずつ小分けにファイルを保存することです。
Javaでディレクトリを作成するのは簡単です。ファイル数が多くなることがわかっている場合は、ディレクトリを分けるようにしましょう♪

ディレクトリ(フォルダ)を作成するサンプル

既に存在している「c:\test」ディレクトリの下に、ディレクトリを作成します。
作成するディレクトリは、すぐ下のディレクトリ1階層「c:\test\hogehoge」と、複数のディレクトリ(2階層)「c:\test\fugafuga\foo\hoehoe」の2つです。

実行結果

・1つ目
「C:\test\」の下に「hogehoge」ディレクトリが作成されます。
・2つ目
「C:\test\」の下に「fugafuga\foo\hoehoe」3階層分のディレクトリが作成されます。

サンプルの解説

File#mkdir()を使うと、すでにあるディレクトリの下に、1つディレクトリを作成できます。
File#mkdirs()を使うと、すでにあるディレクトリの下に、まとめて複数階層のディレクトリを作成できます♪