Javaの繰り返し処理 – for文




Javaで処理を繰り返ししたい場合、for文、もしくは、while文を使います。
まず、初心者が入門で繰り返し文を書くときは、for文から勉強するのが一般的な気がします。(個人的な意見です・・)

基本的なfor文の書き方

for文は、以下のように書きます。

最初に動く処理for文内で何回目の繰り返しか覚えておく変数(カウンタ)を用意するところです。
繰り返す条件この条件を満たしている限り、for文内の処理を繰り返します。
繰り返す毎に、動かす処理最初に動く処理で用意した、カウンタをカウントアップします。

※上記はよく使う例です。上記以外の使い方をする人もいます。

処理を10回繰り返すサンプル

それでは、サンプルです。ここでは、10回処理を繰り返します。
都度、繰り返す中で、現在の繰り返した数を出力します。

実行結果

なんで0~9を繰り返したの? 1~10で良いじゃん??

はい。1~10でも構いません。for(int i=1 ; i<=10 ; i++) でもOKです。 ただし、Javaでは、0始まりだといろいろ都合が良いのです。 ちなみに、0から始めることを「ゼロオリジン」なんて言います。 (この段階では、あまり気にしなくても大丈夫です)

もう少し、実践的なfor文(コレクション・配列)

コレクション・配列を繰り返し処理したい場合、少し楽に書くことができます。

書き換える前のふつうのfor文

書き換えた後の実践的なfor文

必ずしもこの書き方をする必要はありません。
ただし、慣れてしまえば、見易いので、おすすめです。

配列、コレクションを繰り返すのであれば、要素の変数宣言と、元になるコレクションを書くだけで、繰り返してくれます。

while文を使って繰り返し処理を行うには・・・?

while文を使って繰り返し処理を行う方法は、こちらを見てください。

Javaの繰り返し処理 - while文

2018.01.13